FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_04
23
(Thu)14:47

月命日

昨日は、今年一月に亡くなった主人の父の月命日で実家に行ってきました。


積み団子も、おろくぜんも作ったことない姑が、じぶんでお団子作ってて、ビックリ❗

やれば出来るんだね👍


なので私は、おろくぜんを担当。


border="0" style="max-width: 100%"/>

おりくぜん、って言うのが一般的らしいのですか、


私は子供のころから

おろくぜん、って聞いてるから

なんかそっちの方がしっくりきます。

どちらも間違いではないそうな😄


けっきょく、義理母と義理父の妹、私の三人だけのお参りでした。

まだ三回目の月命日のなのに、ちょっと寂しいなって、思いました。


さんなこんなで、ちょっと疲れた😖💦


姑と会うと、必要以上に疲れちゃう私。


何年付き合っても苦手ですわ…


歩くのやめようかと思ったけど、


主人に誘われて( ビックリ❗) 歩く事になり


結果、





主人がやる気になってくれて👀

スポンサーサイト
2015_04
16
(Thu)00:35

本日より、ダイエットブログに変更です!

ながながと放置してたブログですが、

本日いきなり、ダイエットブログとして再開するってことにしました。


なんとなく書いてて →  ネタ無いわ →  放置


こんなながれでしたが、リニューアルです!





ウエストが100センチを越えてしまった、肥えてしまった夫のお腹をなんとかするため、


夫婦二人三脚で頑張って行こう!という決意のもと、


今度は三日坊主にならないように頑張ります。



あぁ・・・まだ全然方針も計画も立ててないんで、どんなダイエットが一番適してるのか??


これからいろいろ調べようというところ。


大食い + お酒大好き + 甘いものもOK っていう夫の嗜好を考えると、


困難が予想されますが、


少しずつ健康を取り戻せるようなダイエットをめざずぞ!!

2012_03
07
(Wed)13:20

卒業の季節

娘の卒業式。


トリマーの専門学校に通っている娘の、今日卒業式でした。


高校を卒業して、一旦社会人生活を経験した後の、


専門学校入学でした。


人より少しだけと廻り道をした娘


頑張って、年下の子達と仲良く協力しながら


技術を身につけていったね。



校内のトリミングコンテストで最優秀賞を取ったとき、


すごい!って感動したのもつかの間、


一人の講師の先生に、


「私たち講師が審査したら絶対に最優秀にはならない子が、最優秀賞でした」


みたいな事をその先生のブログに書かれ、


自分は賞をもらえるような実力はないのでは・・・


いただいた賞は返したほうがいいのでは・・・・


などと、落ち込みそして・・・怒りがこみ上げました。



そのコンテストは、例年は学校内の先生達が審査をしていたけれども


去年は初めて外部の方を審査員に招いたのだそうで、


講師の先生達はコンテストの日は学校にはいなかったんだそうです。


だから、そのブログで誹謗中傷をした講師の先生は、娘がカットしているところを


見たわけでもないのに、そんな事をブログに書いて娘を傷つけ


私を激怒させた。


そんな事もありながら、そんな中でひたすら自分に足りない物はなにか?


どうすれば技術は上がるのか?


ただただ、自分の技術の向上を目指して頑張ってきたのです。


まだまだ、トリマーのタマゴである娘ですが


そういう気持ちをずっと持ち続ければ、きっと将来素晴らしい技術をもった


プロのトリマーになっていくであろうと思っています。


ほんとうにおめでとう・


そしてこれからも頑張って!


夢にむかってひたすら進んでいってください(^_^)v


2012_01
14
(Sat)14:12

親孝行かな?


実家の母と長電話。


お正月も実家に行ってないし、今年初の電話でした。


訳あって、犬を飼っていることは実家には内緒なので、


犬の吠える声が聞こえない所に避難して、長電話をしました~


いつもながら、超ネガティブな母の話。


数十年前の自分が子供だったころの話。


とっても怖かった父親のことや、


小さい子は先ね寝かせて、親と上の兄弟たちだけでスイカを喰った話など・・・・


そして、嫁いでからの恨み節などなどを、延々と話


ある意味母は、私の反面教師的存在かも。


もう老い先短くなってから、昔のことを恨んで怨んで・・・何がたのしいの?


私は絶対ああはなりたくない!


過去の嫌なことを思い出すより、この先にあるであろう楽しいことを考えて生きていくほうが


絶対にイイ。


母は「うん、それのほうが絶対にいいよ。」って言ってた。


でも、自分は間逆だって気がついてるんだろうか??


嫌なことは忘れなさいって、何度も言ったけど


昔の恨みを言うのが今の母の生きがいのようだ・・・・


本人は今が一番幸せなんだそうです。


まぁ、いいかな・・・


近々の話では、正月に私の妹、母からすると娘と電話で話した時のこと。

さんざん長話をして、最後に選挙の話になりケンカになったんだそうな。

話してても埒が明かないと、母はガチャ切り。

妹も負けてはいない。

「なに!!そのきり方!!ガチャ切りしないで!!」と、折り返しかけてきたそうだ。

さすが、わが妹。

性格が私と全く違う。

性格きつ過ぎ!

散々そんなことを話していたら、


突然!

そう、突然なんですー

なんの前触れもなく「じゃあね、楽しかったわ~。元気でね」

って、電話を切ろうとする母。

えっ、突然すぎない・・・・?

突然のさよならモードに、わたしついていけません・・・・


ほんと、母は長生きしそうです。
2012_01
10
(Tue)18:25

嫁姑の戦いが始まった日

昨日何気なく、

「今日は何の日だったっけ?」


「何でもない日なんじゃない!」


 という会話をしていて


 思い出した~!


 今日は1月9日、私が初めて主人の実家に挨拶に行った日だったのだ!


 現舅は、

「1月9日」というのが気に入らなかったようで、

 9のつく日に挨拶に来るとは、何事だ、

 日を選べ、と文句を言われた。


 前年の暮れに、腰を痛めた現姑は、ゴロンと横になり 向こうを向いたままだ。


 こちらを見ようともしないし、一切口も利かない。

 何分たっても、何十分たっても

 ダンマリ

 あんまりじゃない・・・

 初対面の人にたいして、こういう態度とる??

 私が何をしたっていうの?

 この日を決めたのは、私じゃないし・・・

 自分の息子に、その日はダメっていえばいいんじゃないの?

 あまりのショックに、

 これはもう駄目だと、思った最悪の一日。

 かれこれ、30年近く前のことだけれど、たぶん一生忘れることはないと思う。



 
 今はもっと最悪な関係になっているし。

 同じ市内に住みながら、

 もう一年近く会っていないし

 電話もしていない。

 たぶん舅&姑は、私たち夫婦を一歩たりとも家に入れたくないのだろう。

 私たち夫婦が、姑の毛皮のショールとプラチナのネックレスを盗んだらしいので。

 ものすごーい妄想。

 有り得ない妄想。

 鍵のかかった、玄関をこじ開け → 居間の入り口についている鍵をこじ開け → 姑の部屋の鍵をこじ開け

 そんなに鍵をこじ開けてるうちに、誰か起きてくるだろう!

 そうなんです、主人の実家は個々人の部屋にそれぞれ鍵がかかっているのです。

 とっても不思議でしたが、

 彼らにとっては、普通のことらしいです。

 で、物がなくなるので、その鍵を何度も取り替えているという。

 それでも、いつも物が盗まれるらしい。

 どうやって??

 透明人間が盗みに入ってるの??

 深夜寝静まった頃に、男女の話す声が聞こえたそうな・・・

  男 「寝てるか?」
 
  女 「もう寝てるよ」

 たぶん、私と夫だ。

 姑は、私に訴えていた 「 返してほしいだけなんだ 」 → 返してくれれば、罪は問わないということか?


 そんな風だから、我が家と主人の実家は現在音信不通。

 年賀状すら届かない。


 初対面で、すでに嫁姑戦争は始まっていたのだ。

 そして・・・今更だけれど、年々悪化の一途を辿っている。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。